about-carp

1: 風吹けば名無し 2019/05/04(土) 19:33:44.95 ID:VMpOucpDH
 広島・緒方監督が4日の巨人戦(マツダ)で、初回に退場処分となった。

 1死から菊池がショートへの強いライナーを放つ。坂本勇がこれをはじき、素早く一塁に送球したが、送球が高く浮いて一塁手の中島がジャンプして捕球。ベースから足が離れてセーフとなった。

 中島はそれた送球を懸命に捕球した時、ちょうど菊池が駆け抜けるコースにいたため、菊池は衝突を避けようとフェアラインの内側へ駆け抜けて転倒。その後、慌てて起きあがって一塁へヘッドスライディングで戻ったが、冷静に中島がタッチして、一塁塁審の橘高審判員はアウトとした。

 このプレーに関して、緒方監督がベンチを飛び出して審判団に抗議。審判団が緒方監督からリクエストを受けつける形でリプレー検証し、判定通りアウトに。緒方監督は再びベンチを出て審判団に詰め寄ったが、リクエストで出た判定については抗議できない、という取り決めがあるため、退場が宣告された。

 試合後、一塁塁審の橘高審判員が以下の通り取材に応じ、詳細を説明した。



【【広島】緒方監督退場の舞台裏を審判に聞く「菊池は二塁に向かう意思見せた」 】の続きを読む