Baseball Begin 野球まとめブログ

野球をメインとしたスポーツに関する内容を掲載します。

    秋山翔吾

    Ngei46EX_400x400

    1: 風吹けば名無し 2019/04/25(木) 07:35:02.13 ID:QJdiTSObd
    スランプにしては長過ぎる



    【【悲報】西武・秋山翔吾 .210 1本 8点OPS.659 】の続きを読む

    Ngei46EX_400x400

    1: 風吹けば名無し 2019/04/14(日) 00:26:30.44 ID:r3h1EjBVd
    60打席 打率.213 0本 4点 OPS.639
    得点圏打率.167 併殺4
    失策1

    何もかもおかしい



    【【悲報】西武・秋山翔吾さん 絶望的な成績にまとまってしまう 】の続きを読む

    baseball_strike_man

    1: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 08:40:15.02 ID:PQBtVxP90
    日本野球機構(NPB)と労組・日本プロ野球選手会(炭谷銀仁朗会長=巨人)の事務折衝が22日、東京・港区のNPB事務局で行われ、西武・秋山翔吾外野手(30)と巨人・丸佳浩外野手(29)が初めて出席。
    出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化させる制度、いわゆる「現役ドラフト」などの実現に向け、現場の声を直接伝えた。

     216安打のシーズン最多安打記録を持つ秋山と、セ・リーグの2年連続MVPで、今季から巨人でプレーする丸。トップ選手の声が、制度を動かすかもしれない。

     日本プロ野球選手会ではこれまで、チーム事情などから出場機会に恵まれない選手にチャンスを与えるため、
    米大リーグが他球団のマイナー選手を獲得できる「ルール5ドラフト」を参考に、移籍を容易にする「現役ドラフト」を提唱。一昨年からNPB側との折衝で模索を続けてきた。そんな中で、秋山と丸が事務折衝の席についた。

     「実力の世界だから、レギュラーはつかみ取るもの。それでも、チーム事情でチャンスをもらえない現実もある。2軍の選手と『現役ドラフトがあったらいい』と話していたことなどを伝えさせてもらった」

     話し合いの後、こう明かしたのは丸。自ら広島時代に同僚から聞いた話をもとに、現実を訴えた。秋山も「他のチームで必要としているなら、出場機会は増えるのではないかと思う」と熱いメッセージを伝えた。

     球界を代表する2人が出番を得られない選手の声を代弁し、移籍制度の改革を訴えた形だ。ともに事務折衝に出席するのは今回が初めて。異例の行動となった。



    【巨人丸・西武秋山が悲痛な訴え「現役ドラフトを導入して欲しい」 】の続きを読む

    img_172af0fad330f3caba2f2e9301744180124029
    1: 風吹けば名無し 2018/12/31(月) 02:25:20.75 ID:WEoVLJUY0


    TZ0sFKe


    【【速報】DeNA、西武秋山を獲得調査 】の続きを読む

    ダウンロード
    1風吹けば名無し2018/12/03(月) 19:43:03.99ID:7aMPBdxcd
    西武秋山翔吾外野手(30)が3日、メットライフドームで契約更改交渉を行い、1490万円増の年俸2億3490万円でサインした。 

    来季が変動制の3年契約最終年。球団からは、来季から新たに複数年契約を結ぶことも提案されたが、「まずは3年間、全うしてから、それから考えるということ」と、現状の3年契約のままを選んだ。 

    順調にいけば、来季で海外FA権を取得する。「もちろん、そこが含まれての一昨年の契約だった。3年間、やり抜いてから、そこからのこと」と話した。 

    今季は195安打を放ち、自身3度目の最多安打のタイトルを獲得。「オフもしっかり、体の準備をしたい」と来季を見据えた。(契約は金額) 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00409680-nksports-base





    【【悲報】秋山翔吾さん 西武側からの年俸アップの複数年組み直しを拒否】の続きを読む

    このページのトップヘ